日本とフィリピンの子どもの夢から見えるもの


フィリピンの子どもの夢は何ですか?とよく聞かれます。フライトアテンダント、パイロット、芸能人、シェフという華やかな職業も最近は人気がありますが、ダントツ人気の職業は、医者と教師です。


数ある仕事のなかでも、医者や教師は、特に人の命や生活を支える責任の大きな職業。
「人を助けたいから医者になりたい」「子どもの役に立ちたいから教師になりたい」とストリートチルドレンや親と離れて暮らしている子が言うのを最初に聞いたときは、なんて健気!とジーンとしたものでした。


でも、フィリピン生活が長くなり、あちこちで子どもの夢を聞いていくと、「またか!」と思うくらい、医者と教師という答えが返ってくるので、違和感を持つようになりました。
貧困層出身の子どもが医者や教師になるのは、実際のところ奇跡のような確率だとわかってきたからかもしれません。でも、それだけではなくて、なんだか子ども自身と口にしている夢が、どこかしっくりとハマらない。そんな感じを持つようになりました。


そのぼんやりとした感じの理由がはっきりとしたのは、定住ホームで暮らす12歳のアンジーとのやりとりでした。


夏休み期間中、私が小さい子たちに裁縫を教えていたとき、アンジーは自分に割り当てられたスカートを持ちだして、これをズボンにリメイクしたいといいました。せっかく寄付でいただいたものなのに、もしも失敗して無駄にしてしまったら…という心配をよそに、彼女は大胆にスカートをカットしはじめます。途中で糸が絡まったりと順調ではありませんでしたが、コツコツと縫い合わせて、何とかズボンの形に仕上げました。


「すごい、ドレスメーカーになれるじゃないの!」と言った私に、アンジーはできたてのズボンをはいて無邪気に話しました。「私、ドレスメーカーになるのはイヤ。だって地位が低いんだもん。先生がいい」。アンジーが教師になりたいということは、彼女が定住ホームに来たばかりのころに聞いていました。


路上で暮らしている家族のところに帰りたいとよく泣きべそをかいているアンジーを見て、(これも教師になる夢を叶えるためよ…)と当時、胸の内に思っていた私は、彼女の生意気発言にちょっと肩透かしをくらいましたが、妙に納得しました。


安定した仕事というものが数少なく、階級意識の強いフィリピンで、子どもにもわかりやすい地位と収入を兼ね備えた仕事といったら、やはり医者と教師。仕事のない親、あるいは、いつも失業の危機におびえている親たちを見ている子どもがそう考えるのは自然なことかもしれません。


自分の適正や興味の先にある職業というより、経済的な基盤やプライドを築くことができる職業を子どもなりに選んでいるのでしょう。


同じ医療の仕事でも「看護師は賃金が高くないからイヤ、医者になりたい」と言っていた子もいます。(けど、そう言っている本人は、看護師の勉強にもついていけるかあやうい成績…)。


ちなみに、第一生命が2007~2008年に行った調査によると、日本の子どもたちの夢は、次の通り。
http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/2008/pdf/2008_027_001.pdf

日本でも「安定しているから公務員」と考える子どもは増えているといいますが、それでもフィリピンにくらべれば、「夢」にバラエティがあります。これは、日本がまだ経済的にも文化的にも豊かな社会であることを映しているように感じます。


私は日本で編集者をしていたとき、「仕事の図鑑」という児童書の仕事で、50以上の職種の人たちにインタビューをして回ったことがあります。


その取材でお世話になった獣医さんは、子どもたちへのメッセージとしてこう語ってくれました。
「人を治療するお医者さんであれば、どんな世の中になってもなくなることはありません。でも獣医という仕事が成り立つのは、世の中が平和なときだけなんです。だから獣医になりたいという子には平和を守ろうとする大人になってほしいですね」。


確かに日本では人気職種の獣医ですが、フィリピンではペットクリニックは数がとても少なく、獣医になりたいという子どもにはまだ会ったことがありません。街中で骨と皮ばかりの泥だらけになった猫や犬をたくさん見かけるたびに、この獣医さんの言葉を思い出します。


子どもが自分の好きなことや得意なことを生かせる仕事を見つけて、その夢を叶えるためチャンスが公平に与えられる社会。そんな社会がいいじゃないか、と私は思います。そんな社会のために大人たちがしっかりしなければ…。そんなことを日本の投票日を前に思うのでした。

One Response to “日本とフィリピンの子どもの夢から見えるもの”

Leave a Reply

プロフィール

野口和恵

フリー編集者・ライター。児童書編集にたずさわるかたわら、国内外の子どもを取り巻く問題について取材。

著書に「日本とフィリピンを生きる子どもたちージャパニーズ・フィリピノ・チルドレン」(あけび書房)がある。


もっと詳しく見る

2018年11月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ