Archive for the ‘バハイ・トゥルヤン滞在記’ Category

マニラMakabata Geust Houseのお・も・て・な・し


2014年1月22日。
私のパスポートには6個目のフィリピン入国のスタンプが押されました。
1年半の月日を過ごし、別れを告げてから1年ぶり。
そして、関東地方を直撃した台風のために、飛行機に乗りそこね、泣く泣く成田から引き返してから、3か月…。
とにかく、久しぶりのフィリピンです。


ここで生活していたとき、私の肌はフィリピン人の肌の色「カユマンギ」でしたが、日本に帰って1年経つと、元に戻りました。
それでも、私を育て直してくれた国は、もはや、まったくの外国とは思えません。
会いたい人があちこちにいて、走り回ってばかりいた4泊5日でしたが、やはり外せないのは、バハイ・トゥルヤンです。


残念ながら、スケジュールの都合上、ボランティア活動のメインだったラグーナ州の養護施設までは行くことはできず、マニラオフィスのみの訪問となりましたが、いつも手とり足とり世話をやいてくれたスタッフのリサ姉と、昨年の春に高校を卒業した二人の少女と再会することができました。


さて、この少女たち。現在は、マニラオフィスに併設しているゲストハウス、MakabataGeust Houseで、インターン中。


Makabata Geust Houseは、バハイ・トゥルヤンが経営する宿泊施設。寄付だけに頼るのではなく、自分たちも収益を生み出し、持続可能な活動をしていこうという目的で2年前にオープンしました。
(悲喜こもごものオープンの舞台裏は、こちら。)


そして、このゲストハウスを支えているのは、路上暮らしを経験していた子やスラム地域で暮らす若者たち。


Makabata Geust Houseを運営する、もうひとつの目的は、彼らの自立を支えることにあります。フィリピン社会のなかでは、安定した仕事を得ることが非常に難しく、バハイ・トゥルヤンで育ち、巣立っていったあとも、経済的な不安を抱えていたり、力をもてあましたりしている子はたくさんいます。


けれどもMakabata Geust Houseができてからは、高校を卒業した子たちが、ここで働くことで仕事のスキルを身につけ、良い職を手に入れたり、お金をためて、大学に進んだりといった道がひらかれつつあります。


インターン生のひとり、カルメンは、大学で心理学を学び、バハイ・トゥルヤンのようなNGOで働きたいと考えています。仕事のない日は、ストリートチルドレンを対象にした活動のファシリテーターもつとめ、すでにバハイ・トゥルヤンになくてはならない柱になっています。


そんなMakabata Geust Houseの売り上げに貢献すべく、今回は私もお客として、一泊、シングルルームに泊まってみました。
オープン前は、私も夜中まで必死でこのゲストルームの床を磨き、床の上で眠りこけました。感慨もひとしおです。


でも、日本人目線で見ると、扇風機とテレビが壊れたままというのは、ちょっといただけないなあ…。
今後の改善を期待して、指摘しました。


さて、翌朝の朝食はカフェでオーダー(宿泊費込み)。コンビーフのサンドイッチセットを頼み、近くの市場で買ってきたマンゴーも渡して、皮むきをお願いしました。


そうして出てきた朝食。


このマンゴーのカット、並々ならぬ「おもてなし精神」を感じません?


ちなみに、日本では、にわかに「おもてなし」が注目されていますが、フィリピンも自分たちのhospitality精神にプライドを持っています。それはサービス業のなかだけではなく、ふだんの生活のなかでも浸透しています。
家に人が訪ねてきたとき、ジプニーのなかで、道ばたで、困っている人がいたとき、あらゆる場面で、おせっかい上手な部分が顔を出します。
(親切を装った犯罪もたまにあるので、過信は禁物ですが・・・)


さて、現在Makabata Geust Houseの壁には、こんな絵が飾られています。


ゲルニカを思わせるような(?)、芸術性の高い絵! これも、バハイ・トゥルヤン出身の若者の作品で、1点1万円弱で販売、収益はバハイ・トゥルヤンの活動に使われます。
落札希望のご連絡、お待ちしています。


Makabata Geust Houseには、ほんのわずかな滞在時間で空港に向かわねばなりませんでしたが、最後は「やさしそうなドライバーのタクシー探してきて」という私のお願い通り、少年たちが良心的なタクシーをひろってくれ、無事に帰路につくことができました。


あわただしい別れとなりましたが、きっとまた、遠くないうちにMakabata Geust Houseで会えると思っています。

バハイ・トゥルヤンへの
支援について



(1)夏物衣類・文房具類の寄付
・7歳~18歳くらいまでの夏物衣類(男女共)
・ノート、鉛筆、絵具、クレヨンなど
の寄付を随時募集しています。
また、お子さんが学校で使わなくなった鍵盤ハーモニカ、リコーダー、算数セットなどがありましたら、お譲りいただけますと幸いです。
ご協力いただける方は、kazue.noguchi@bahaytuluyan.orgまでご連絡ください。


(2)アクセサリーの購入・古雑誌の寄付
バハイ・トゥルヤンでは、子どもたちが古雑誌からアクセサリーをつくり販売しています。
売上の半分は子どもたちの自立資金に、もう半分は施設の運営費用となります。


下記から日本語のパンフレットと日本円の価格表がダウンロードできます。
・アクセサリーパンフレット
・アクセサリー価格表


ご注文はkazue.noguchi@bahaytuluyan.orgで承ります。(日本の銀行口座振り込のみの扱いとなります。)


PayPalをご利用の方はオンラインでも購入できます。(価格は多少割高となります)
http://www.bahaytuluyan.org/product_9_45_1.html


このアクセサリーは日本からも「かわいい!」「雑誌から作ったとは思えない!」という
感想が寄せられている評判の製品です。
小口での購入は送料が割高となりますが、お友達との共同購入や、バザー等での販売など、目的に応じてご購入をご検討いただければ幸いです。
フェアトレードショップなど、店舗での販売にも対応させていただきます。


また材料となる古雑誌(カラページが多い雑誌のみ)の寄付も募集しています。
ご協力いただける方はkazue.noguchi@bahaytuluyan.orgまでご連絡ください。


(3)運営資金の寄付
より多くの子どもにさまざまな機会を提供していくために、
運営資金の寄付を募集しています。
寄付は、下記のページからPayPal(オンライン決済サービス)によって行うことができます。
http://www.bahaytuluyan.org/donate_9_43_2.html


日本の銀行口座への振り込みをご希望の方は、kazue.noguchi@bahaytuluyan.orgまでご一報ください。


(4)その他
・日本での広報協力
・現地でのボランティア参加等々、
「私ならこんな協力ができます!」ということがありましたら、
ぜひkazue.noguchi@bahaytuluyan.orgまでお聞かせください。


いろいろな経験や資質を持った人の知恵と力が集合することが、活動の発展につながります。
また、どんなかたちであれ、多くの人とつながることは、子どもたちの成長にとって大きな意味をもたらすはずです。


どうぞよろしくお願いいたします。

日本からプレゼントをいただきました



大田区の大森駅前保育園の有志の保護者の方々から、バハイ・トゥルヤンの定住ホームに暮らす女の子たちへ、おもちゃ、文房具、お菓子などのプレゼント、計70点を送っていただきました。
日本で子どもを育てることも大変ななかでのご協力、本当にありがとうございました。


文房具類は、先月、先々月と、学校を皆勤した女の子たちへのごほうびとしてプレゼントし、おもちゃ類はお楽しみ会などの機会にみんなで大切に使わせていただくことになりました。


日本のお母さん、お父さんが選んでくれたプレゼントを手に、小さな子も、難しいお年頃の子もにっこり。



今回の寄付の呼びかけをしてくれたのは、中学時代からの友人のあゆちゃん。
あゆちゃんからは子どもたち宛ての手紙ももらいました。
温かいメッセージに感激して、お返事を書いた子もいます。


親のいない定住ホームで、子どもたちはさまざまな不安や苛立ちを抱えて生活しています。
今回は、そんな子どもたちに、たとえ国はちがっても、会ったことはなくても、気にかけてくれる人たちがいることを伝える機会となりました。
あらためて、寄付者のみなさまに心から感謝いたします。


※バハイ・トゥルヤンの子どもたちをご支援ください。
・バハイ・トゥルヤンでは、夏物の衣類、文房具等の物品、寄付等を随時募集しています。
・子どもたちがつくるアクセサリーブランド「リクリエイト・フィリピン」も好評販売中です。売上は、子どもたちの自立資金、バハイ・トゥルヤンの運営費となります。


詳細は、kazue.noguchi@bahaytuluyan.org(日本人ボランティア・野口和恵)までおたずねください。

偶然から生み出す
世界にひとつだけのアクセサリー


先月末は、台風の影響などで、ひんぱんに学校が休校になりました。その間、バハイ・トゥルヤンの女の子たちは、「リクリエイト・フィリピン」のアクセサリーづくりに励みました。


リクリエイト・フィリピンのアクセサリーは、あちこちから寄せられた古雑誌やチラシから生み出されます。そのため、さまざまな色が組み合わさったアクセサリーができあがります。


古雑誌やチラシを集めるのも、フィリピンでは簡単ではありません。
今は、私たちスタッフがいろいろな人やお店に頼んで、少しずつ集めてきたものを、
子どもたちが分け合って制作しています。
「こんな色はイヤ!」とか、材料をえり好みするような余裕はありません。
けれども、いつでも子どもたちは集まった材料をうまく利用して、おしゃれなアクセサリーに変えてしまいます。


偶然から生み出す、そして世界に一つだけのアクセサリー。
それがリクリエイト・フィリピンの魅力です。


いろんな色(個性)が組み合わさって、ひとつの確かな形を築く。
そんなことが人間同士でもできたら、とアクセサリーを見るたびに思います。


また、先週は、オーストラリアからのビジターが訪れ、
子どもたちがアクセサリーづくりについてレクチャーする場面もありました。


みなさん、リクリエイト・フィリピンのアクセサリーを気にいってくださり、
たくさんお買い上げいただきました。ありがとうございます。


リクリエイト・フィリピンのアクセサリーは、下記のサイトからオンラインでも購入できます。

http://www.bahaytuluyan.org/social-enterprise_recreate-philippines_10_49_1.html


なお、お支払は、Paypalでの決済をお願いしています。Paypalをご利用でない方は下記のアドレスまでご連絡ください。
また、古雑誌、チラシ(光沢紙にカラーで印刷されたもの)の寄付も募集しています。ご協力いただける方はご連絡ください。
その他のお問い合わせも随時、受け付けています。
kazue.noguchi@bahaytuluyan.org
(日本向け販売担当 野口和恵)

子どもたちが生産するアクセサリー
「リクリエイト・フィリピン」


バハイ・トゥルヤンの子どもたちがつくるアクセサリーコレクション「リクリエイト・フィリピン」がオンラインショッピングを開始しました。http://www.bahaytuluyan.org/social-enterprise_recreate-philippines_10_49_1.html

また、この製品は10月1、2日に日比谷公園で開かれるグローバルフェスタJAPANで、ストリートチルドレンを考える会のブースにて特別価格で販売されます。


フィリピンのGDPは現在、ほかのアジア諸国に遅れをとりながらも成長しています。しかし、経済格差の指標となるジニ係数は高い値を示し、アジアの中でも特に格差が深刻だといわれています。


暮らしにゆとりがあるフィリピン人たちも、こうした経済格差を決してよいとは思っていませんし、貧困層の子どもの状況に対して心を痛めている人もたくさんいます。
ですが、お金の流れが変わらず、十分な雇用の機会もない限りは、経済格差は縮まらず、ストリートチルドレンもますます増えていくことにもなりかねません。


それでも、まだ希望はあります。
フィリピンでは、多くの貧困コミュニティやNGOが自分たちで生活・自立資金を稼ぐため、古雑誌やジュースパックからおしゃれな雑貨やアクセサリーづくりにとり組んでいます。


バハイ・トゥルヤンでも同様に、子どもたち自身が古雑誌からブレスレット、ネックレス、ピアスなどをつくっています。これらの製品を販売した売上は、半分を生産者である子どもの自立資金として、半分を貧困地域の子ども支援の活動資金として充てていきます。


自分たちの周りから経済の流れをかえ、自分たちを含めたフィリピン貧困家庭の子どもたちの生活を変えていきたい。子どもたちのそんな思いからつくられるアクセサリーのコレクションを、バハイ・トゥルヤンは「リクリエイト・フィリピン」と名付けました。


これまでもバハイ・トゥルヤンでは、国内、海外から寄せられる寄付によって、子どもたちの学費を捻出してきましたが、十分な資金があったわけではありません。
子どもたちは「気兼ねなく学校の行事に参加したいし大学にも進学したい。だから、アクセサリーをもっとたくさんの人に買ってほしい」と話します。
といっても、子どもたちは、ただお金を稼ぐためだけに、アクセサリーをつくっているわけではありません。古雑誌から自分の手できれいな製品をつくることに充実感を感じ、新しい製品のアイデアを仲間やスタッフを話す時間を楽しんでいます。
放課後、子どもたちは毎日、次々にオフィスにやってきて、自然と製作会議が始まっています。


リクリエイト・フィリピンの生産者は、おもに15歳以上の子どもたちですが、年下の子どもたちも、お姉さんたちの様子を見て、「私たちもやってみたい」とアクセサリーづくりの練習をしています。


リクリエイト・フィリピンのアクセサリーはすでにオーストラリア、アメリカ、スウェーデンなどでも販売され、定評を得ています。
ひいき目を抜きにしてもスタイリッシュで質が高く、日本のみなさんにも自信を持っておすすめできる製品です。


フィリピンでは、早くもクリスマスムード。


子どもたちが希望を託したリクリエイト・フィリピンのアクセサリーを、今年のクリスマスにプレゼントしてみてはいかがでしょうか?


Paypal(オンライン決済サービス)の利用が可能な方は、バハイ・トゥルヤンのホームページからそのままオンラインで注文できます。
銀行振り込みをご希望の方、その他のお問い合わせは下記のアドレスまでご連絡ください。
kazue.noguchi@bahaytuluyan.org (日本向け販売担当 野口和恵)

Bahay Tuluyanの活動


バハイ・トゥルヤンは1989年の設立以来、マニラ周辺のストリートチルドレンや貧困家庭の子ども、コミュニティの支援を行っているNGOです。Bahay tuluyan(バハイ・トゥルヤン)は「歓迎の家」という意味。主な活動は以下の通り。


 モバイルユニットによる訪問

バハイ・トゥルヤンでは、学用品や食料などを積んだ、モバイルユニットとよばれるバンで、マニラ首都圏を回り、ストリートチルドレンやスラムに居住する子どもたちに音楽、アート、演劇などの活動を通した学びの機会を提供しています。こうした学びの機会を通して、自分自身や家族、友達を大切に思う気持ち、物事を解決していく力を育てるのが目的です。また、簡単な食事を提供したり、健康チェックをしたりもしています。

カラフルなイラストが描かれたモバイル・ユニット

グループごとに等身大の体を描く活動を通して、健康について考える。


Child to child

こうした路上の教育の機会を提供するのは、ストリートエデュケーター(路上の教育者)とよばれるスタッフです。バハイ・トゥルヤンでは、「ジュニア・エデュケーター」とよばれる青少年のエデュケーターも活躍しています。ジュニア・エデュケーターは、皆、トレーニングを受けた元ストリートチルドレン、スラム出身の若者。身近なお兄さん、お姉さんでもあるジュニア・エデュケーターのことを、子どもたちはとても信頼しています。

バハイ・トゥルヤンを支えるジュニア・エデュケーターたち


家庭を取り戻す

親を失った、虐待を受けた、ネグレクト状態にあるなど、とくに厳しい環境にある子どもを、マニラ郊外のラグーナ州、ケソン州の定住ホームで受け入れています。ふだんの生活やワークショップ、さまざまなイベントを通じて、子どもたちが子どもらしい時間を取り戻せるように、スタッフやほかの子どもたちとの絆を深め将来家庭を築きたいと思えるように、アプローチします。
また、親がいる子どもの多くは、親の元に帰って暮らしたいという思いを心の底に強く持っています。そうした子どもの思いを大切にし、可能な限り子どもたちが家庭に帰ることができるように、ソーシャルワーカーが家庭との調整を行っています。


定住ホームにはいつもハウス・ペアレンツ(寮母)、ソーシャルワーカー数人がいる。

掃除や洗濯など、身の回りのことは子どもたちが自分で行うように指導する。


表現活動によるエンパワメント

毎年、秋に行われるストリートチルドレンフェスティバルや、地域のフェスティバルなどで、ストリートチルドレンを題材とした演劇を、子どもたち自らが演じています。また、国内外の教育関係者などを対象にした勉強会などで、子どもが自分の体験についてスピーチする機会をつくっています。活動を通じて、子どもたちは自分の置かれていた環境を振り返り、新たな道へと踏み出す自信をつけていきます。また、子どもたち本人が発するメッセージは、多くの人の心を動かし、支援行動へと導いています。

Bahay Tuluyan’s gallarey1


バハイ・トゥルヤンの子どもたちは、お絵かきが大好き。
ふだん、おとなしい子も紙の上では、のびのびと気持ちを表現しています。


南国フィリピンらしい一枚。


大きな花は葉っぱを合わせてつくったもの。


寡黙な男の子が描いた絵。引き込まれそうな海の底。


いろんな色があるから世界ってきれいだね。


木の枝を使って描きました。


これは世界共通語!

プロフィール

野口和恵

フリー編集者・ライター。児童書編集にたずさわるかたわら、国内外の子どもを取り巻く問題について取材。

著書に「日本とフィリピンを生きる子どもたちージャパニーズ・フィリピノ・チルドレン」(あけび書房)がある。


もっと詳しく見る

2018年11月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ