Archive for the ‘フィリピンの社会’ Category

予想をくつがえすことのない傑作
―『ローサは密告された』


大型スーパーに買い出しに行く。レジではおつりの小銭がない。しかたなく釣り銭をあきらめて帰る。たくさんの荷物を抱えてタクシーを拾うが、運転手は狭い路地に入るのを嫌がり、途中で降ろされてしまう。


そんな「フィリピンあるある」の当たり前の光景からこの映画は始まり、ごく普通の日常が進んでいく。登場人物の大きくて高い声の調子は、私の知るマニラの人たちにもよく似ていた。


主人公ローサの家はサリサリストアとよばれる雑貨店を営んでいる。そこにバイクに乗ってやってきた若い男性。「代金は5000ペソだ」と男性がいうところを、ローサは「今日は4000ペソだけ。残りは客がツケを払った後で渡すから」と返す。ミネラルウォーターでも売り買いしているかに見えたその光景は、麻薬の売買だった。


ローサの店ではその男性から買った麻薬を小分けにして、住民たちに数百ペソで売っている。住民たちは「アイスを売ってくれ」といって、ローサの店に買いに来る。まだあどけない表情の少年までも。ローサの夫は白い粉をたばこのケースに入れ、「あの家に子どもが生まれたんだって?」と世間話をしながら渡すのだ。

 
そんなローサの家に突然警官が踏み込んでくる。警官たちは麻薬だけでなく、店の売り上げと娘の携帯電話を押収して警察に連れていく。(現在のドゥテルテ政権下であれば、その場で撃ち殺される可能性もあるようだが、この映画はそれ以前につくられたものだ)。麻薬所持を否認するローサと夫。しかし、警官はあっさりと20万ぺソ(約40万円)を払えば明日釈放してやる、そうでなければ麻薬の売人を売れと取引を提案してきた…。


ローサのように日常的に麻薬を売り買いする人々をどう思うだろうか。まず「違法なことをしているのだから悪い」という思いを持つだろう。しかし、生まれたときから麻薬の売り買いが日常にあり、警察はスラムの住民たちを利用して自分たちの私服を肥やすことだけを考え、麻薬を根絶しようという意志はない。この日常では法律も「No Drug(麻薬根絶)」のスローガンも中流階級以上が望む綺麗事であり、「自分たちはこのやり方で生きていく」という思いを固めていくのではないかと想像する。


映画が進んでいくうちに、ローサの家族に対して同情を禁じ得なくなる。しかし、この映画を撮った監督は意外にも、麻薬の売人や中毒者を殺しても構わないというドゥテルテを評価している。現に監督の話では、ドゥテルテ政権になってからこの映画に描かれているような麻薬の密売は減っているという。確かにドゥテルテは今でもフィリピン国民に広く支持されている。支持される理由の一つは麻薬をふくめて「ダメなことはダメ」という絶対的な規範を持っているということだ。


思い返せばドゥテルテ政権が誕生した直後、多くの麻薬中毒者が出頭した。テレビのインタビューを受けたなかには「麻薬をやめたかったけれどやめられなかった。ドゥテルテ政権が誕生したおかげで、やめられる」と語る人もいた。断ち切れない麻薬の誘惑と警察とのいたちごっこ、人々はこうした日々の連続に疲れ、強引なやり方であってもその連鎖を断ち切ってくれるリーダーを求めたのかもしれない。しかし、その代償として亡くなった人は数千人にのぼる。


スラムと警察内部の映像が大半をしめる映画のなかで、一度だけローサの息子が洒落たカフェに出かけることがある。そこでつきつけられる格差と差別。こうして負った傷を忘れるために麻薬に手を伸ばす人もあったかもしれない。


予想をくつがえすことなく、ただリアルに淡々と流れる映像からさまざまなことを考えた。

ドゥテルテ新大統領 フィリピン国民の評価は?-その2


ドゥテルテ氏は当選後、次のような計画を語っている。
・深夜の酒類販売
・外での飲酒禁止
・住宅地での夜のカラオケ禁止
・未成年の夜間外出禁止
・死刑制度の復活
・犯罪組織の関係者や逮捕に抵抗する容疑者の射殺を許可
・麻薬の密売人の殺害奨励(一般市民でも密売人を殺したら報奨金を与える)


秩序を重んじるのは良いことであり、ダバオ市の治安が良くなったのも、ドゥテルテ氏の剛腕ぶりの成果かもしれない。しかし、「犯罪者であれば殺してしまえばよい」というスタンスは、政治家として短絡的すぎないだろうか。人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」は、2015年のリポートのなかで、ドゥテルテ氏のことを「処刑部隊市長」と呼んでいる。


ストリートチルドレンの支援にわずかでも関わった立場から気がかりなのは、フィリピン全土に18歳以下の子どもの夜間外出禁止令を出すという計画だ。午後10時~午前5時まで子どもが路上を歩いていた場合、その親を逮捕するという。


ドュテルテ氏が市長をつとめてきたダバオ市では、夜間外出禁止令を実行し、青少年の夜間の外出が劇的に減ったという経緯があり、子どもを犯罪や非行化から守るのに有効だと評価されているようだ。


夜間外出禁止令はこれまでダバオ市に限らず、マニラ首都圏でもバランガイという行政区単位で実施してきたところもあった。しかし、この条例の被害者になった子どもたちもいる。


マニラ首都圏には親子ともども路上で暮らしている子が数えきれないほどいる。親には十分な収入がないため、その子どもたちは夜間でも、花を売ったり、物乞いをしたりして、お金を稼ぐ。家がない、あるいは家があっても寝る場所もないほど、窮屈なために、路上で寝起きしている子どもたちもいる。
マニラ首都圏では、行政がこうした子どもたちを“保護”という目的で収容施設に連れていく“レスキューオペレーション”がおこなわれている。このレスキューというのは名ばかりで、路上にいる子どもを見つけると、有無を言わさず、ときには暴力で脅しながらワゴン車にのせて、収容施設に入れていくのが実態だ。親のいる子も、断りなしに連れていくのだから、まるで誘拐である。連れていかれた先の施設はまともな食事を与えられず、不衛生で暴力沙汰もたびたび起こる。


くわしくは、NGOバハイ・トゥルヤンが行った調査であきらかになっている。
◆あるフェイスブック投稿が伝えたマニラの児童福祉
http://child-to-child.com/420.html
◆激論!ストリートチルドレンその2― 「レスキュー」という危険にさらされる子ども
http://child-to-child.com/332.html


レスキューオペレーションの実態を見れば、行政は子どもの保護や更生を目的としているのではなく、厄介者をとりのぞきたい、もしくは懲らしめたいがためにやっているように見える。
レスキューオペレーションは、深夜12~3時に行われることがもっとも多く、寝ていた子どもを連れ去ることも多い。NGOは子どもたちに恐怖しか与えないレスキューオペレーションをなぜおこなうのか、という批判をたびたびしているが、夜間外出禁止令を破っていたからというのが行政側の一つの反論になっている。


ドゥテルテ氏の計画では、懲罰対象は子どもの親である。しかし、子どもたちが深夜、路上にいるのは、単に親のしつけがないからではない。なかには日本と同様、親から虐待を受けて路上に出た子もいるが、多くの場合は親子の関係は良好で、まっとうな施設に入るチャンスがあっても、路上で親と一緒に暮らすことを選ぶ子もいる。そうした子どもたちの親を収監し、親子を引き離すことに、どんな意味があるのだろうか。また親がいない間、子どもたちをだれがどのように支援するのか。


バハイ・トゥルヤンは、先日、ドゥテルテ氏の計画を強く批難する声明を出した。次の主張に共感する。


「貧しい人々を犯罪者として扱うドゥテルテ氏の計画は、貧困を固定化するだけであり、問題のうわづみの部分しか見ていません」


しかし、バハイ・トゥルヤンのフェイスブックには、すぐにこの声明に反論するようなコメントが書き込まれた。「夜間外出禁止令に反対するのは無責任な親だけだろう」という。


ネット上ではなく、実際に質問してみるとどんな答えが返ってくるだろう。私は、英会話レッスンのフィリピン人講師たちに、夜間外出禁止令について、どう思うかたずねてみた。


この計画自体は、みな即座に「支持する」と答えた。実際にインターネットカフェに夜遅くまでたむろっている子どもたちは多く、犯罪に巻き込まれやすいし、厳しい決まりがあったほうが若いうちの妊娠も防げるという。
ストリートチルドレンの例をとりあげて聞くと反応は分かれた。「それば別の問題として扱う必要がありますね。子どもたちを保護する施設をつくればいいよね」という人。「それは特別なケースです。そこに焦点化して議論するのはフェアではないですよ」という人。


「親が悪いんですよ。無責任な親は裁かれるべき」。ハイテンションな声でそう断言したのは、明るく丁寧な授業をする人気講師の女子学生だ。


これについて私はたどたどしい英語で、少し反論してみた。伝わったかわからないが、言いたかったのは、次のようなことだ。


「親たちも、もともとストリートチルドレンだった人や教育も受けられなかった人たちです。それで今はきちんとした仕事がない、家がない。親も被害者だと思いますが、それでも逮捕されなければならないと思いますか?」


「私はそういう人たち好きじゃないんです。まず子どもを産むのが無責任です。育てられないなら、子どもを産まなきゃいい。育てられないのに、あの人たちは10人も子どもをつくるんですよ!」
「でも、カトリックは避妊も中絶も禁止していますよね。路上の親だから極端に子どもが多いということはないと思いますが」。
「あの人たちの場合は、信仰心があってそうしているとは思えません」


フィリピンで公私ともにNGOワーカーや、当事者とばかり接してきた私には、なかなか聞くことのない、ぶっちゃけった意見であった。フィリピンという国が階級社会であり、当然といえば当然ながら、その間に分断が生じていることを実感したのだった。


いわずもがな、ドゥテルテ氏はフィリピン国民が選んだ大統領だ。変化をもたらしてくれる強いリーダーを国民が望んでいる。


だけど、私がふと顔を思いだすフィリピン国民のなかには、ドラッグユーザーだった女性や盗みを働いた男の子がいる。括ってしまえば、ドゥテルテ氏やそれを支持する人々には、許しがたい犯罪者かもしれない。
けれど、短い時間だけれど、いっしょに過ごした彼らは決して頭からつま先まで悪いやつだったわけではない。古いリュックひとつで現れた見ず知らずの外国人にも親切な人だった。決して殺されてもいい人ではなかったと思う。

ドゥテルテ新大統領 フィリピン国民の評価は?-その1


四十の手習いよろしく、いまだ英語が流暢に話せない私は、オンラインで英会話レッスンを受けている。講師はフィリピン人。


フィリピンの英語はネイティブとちがうのでは? という指摘もあるけれど、フィリピンになじみのある私にとっては、むしろリラックスして話すことができるからいい。そして何より、いろんな講師とフィリピンのトピックについて話せるのがうれしいところ。
講師は名門大学の学生や社会人で、専門分野はさまざま。私にとっては、フィリピンであまり交流のなかった層の意見を聞くことができる機会にもなっている。


さて、ここ数か月はレッスンの時間を利用して、フィリピンの大統領選挙と当初から有力候補とされていたドゥテルテ氏について、どう思うか聞いてきた。日本ではアジアのトランプ氏と報じられているドゥテルテ氏だが、3月ごろから10人ほどの講師に意見を聞いてきたところ、半数がはっきりとドゥテルテ氏を支持しているといい、応援活動に参加している人もいた。


ドゥテルテ氏が市長をつとめてきたダバオ市在住の講師と話すことがたまたま多かったせいかもしれない。だが、ダバオ市はドゥテルテ氏のおかげで安全な都市になったと定評があること(その裏では私設の処刑団を使って超法規的に犯罪者を処刑してきたのだけど)、当選すればミンダナオ島出身の最初の大統領になること、ダメなものはダメという強い姿勢から「この人こそフィリピンを変えてくれるのではないか」という期待が高まっていたことが人気の秘密だったように思う。


セブ市の男性講師は「ドゥテルテが大統領になったらシンガポールみたいに秩序のある国になるんじゃないでしょうか。今度フィリピンに来るときは、きっとちがったフィリピンが見れますよ」と絶賛。


選挙期間中から、ドゥテルテ氏の演説は暴言、差別的発言も目立ったが、これについても、ダバオ市民の講師は「あの演説は彼のスタイルなので、心配しなくてもだいじょうぶ。ドゥテルテは本当はとてもやさしい人だから」という評価。


そうか。たしかにダバオは過ごしやすい都市だったし、フィリピン国民がそこまでいうなら…、と途中までは私もドゥテルテ氏への期待も持って日本から眺めていた大統領選挙だったが、彼の当選後、じょじょに期待よりも不安をおぼえるようになっている。(続く)

Itanong mo sa mga bata


「フィリピンにいたときは何語を話していたの?」とよく聞かれます。フィリピンの公用語はタガログ語とタガログ語(フィリピノ語)です。
最初のうちは、カタコトの英語を使っていました。正直、フィリピンに滞在するまでは汎用性の低いタガログ語を習得するモチベーションをあまり持てなかったのです。
けれども、タガログ語のフレーズを少し使うと、フィリピン人との距離がぐっと縮まると感じたこと、大家さんの家で見るテレビの連続ドラマを理解したいということから、極力タガログ語をおぼえ、使うようにしていました。


タガログ語のテキストも持っていきましたが、それを読むよりも周りの会話から覚えたことが多く、実用的な場面で見聞きした分、簡単な文であれば、英語よりもタガログ語のほうが自然と口から出てくるようになりました。


とはいえ、英語とタガログ語のいずれにしても込み入った会話までできるレベルにはなく、日本にいるとどんどん忘れていく一方で悲しい。
とくにタガログ語は、私にとって家族のように大切な人たちと心を通わせることのできる言葉で、外国語というより第二の母語のように感じています。今は年に1度会えるか会えないかだけれども、タガログ語を思い出すことでみんなを少しでも近くに感じていたい。


というわけで、タガログ語を一から勉強することを今年の課題としています。
が、英語とちがってタガログ語は、自学自習にならざるをえず、自分次第でいくらでもさぼれてしまう。


そこでモチベーション維持のために、ときどき気になるタガログ語ソングの歌詞を翻訳して、このブログに掲載していくことにしました。


1曲目は、Asinの「Itanong mo sa mag bata」(子どもたちに聞いてごらん)

https://www.youtube.com/watch?v=49_AiyZPGG4


Ikaw ba’y nalulungkot さみしいの?
Ikaw ba’y nag-iisa ひとりぼっちなの?
Walang kaibigan  友達がいなくて
Walang kasama  仲間がいなくて
Ikaw ba’y nalilito 途方にくれているの?
Pag-iisip mo’y nagugulo 心のなかは、ごちゃごちゃ
Sa buhay ng tao  人としてどう生きるか?
Sa takbo ng buhay mo  進むべき道は?


Ikaw ba’y isang mayaman  お金は持っている?
O ika’y isang mahirap lang  それとも持っていない?
Sino sa inyong dalawa Ang mas nahihirapan  しんどいのはどちらかな


Masdan mo ang mga bata 子どもたちをじっと見てごらん
Masdan mo ang mga bata  子どもたちをじっと見てごらん
Ikaw ba’y walang nakikita  見えるでしょ?
Sa takbo ng buhay nila  彼らの歩みが


Masdan mo ang mga bata 子どもたちをじっと見てごらん
Ang buhay ay hawak nila 彼らが握りしめている人生を
Masdan mo ang mga bata 子どもたちをじっと見てごらん
Ang sagot ay ‘yong makikita 見えてくるものが答えだよ


Ikaw ba’y ang taong Walang pakialam sa mundo 人のことなどどうでもいい?
Ngunit ang katotohanan  だけど、本当は
Ikaw ma’y naguguluhan  どうしたらいいかわからない。


Tayo ay naglalakbay  ぼくらは旅の途中なんだ。
Habol natin ang buhay 人生を追いかけている。


Ngunit ang maging bata ba’y tulay だけど、子どもに返ると
Tungo sa hanap nating buhay 橋がかかったみたいに人生が見えてくる。


Masdan mo ang mga bata 子どもたちをじっと見てごらん。
Ang aral sa kanila makukuha  彼らが教えてくれるでしょ。
Ano nga ba ang gagawin  何をしたらいいのか
Sa buhay na hindi naman sa atin 決して思い通りにならない人生のなかで


Itanong mo sa mga bata  子どもたちに聞いてごらん
Itanong mo sa mga bata  子どもたちに聞いてごらん
Ano ang kanilang nakikita 何が見えるだろう
Sa buhay na hawak nila  彼らが握りしめた人生のなかで


Masdan mo ang mga bata 子どもたちをじっと見てごらん
Sila ang tunay na pinagpala 彼らは本当に清らかなものなんだ。
Kaya dapat nating pahalagahan だから大事にしなきゃいけないんだ。
Dapat din kayang kainggitan うらやむべき存在なんだ。


※個人的主観に基づく意訳をしていますが、タガログ語のわかる方、おかしなところ見つけたら、お知らせください。本当に助かりますので。


支援の仕事のなかでは、子どもの前で大人らしく振る舞っていても、結局はいつも子どもから気づかされていて、それがおそらく自分の支えにもなっているのだと思います。謙虚な気持ちを持っていられるように、ときどきこの曲をくちずさんでみたいと思います。

フィリピン 5分解説

ボラカイ島のビーチ


ハロハロ文化

セブ島、ボラカイ島などの美しいビーチでも知られるフィリピンは、7000を超える島から成る人口約9400万人(2010年現在)の国です。
もともとマレー系の民族が暮らしていたこの国は、16世紀以降、スペイン、アメリカの統治を経て、欧米の文化の影響を強く受けました。約80%がカトリックを信仰し、そのほかのキリスト教信仰を含めれば90%以上がキリスト教を信仰しているという、アジアでは珍しいキリスト教国です。また、ミンダナオ島周辺ではイスラム教徒も多く、国全体の約5%にあたります。公用語はフィリピノ語と英語ですが、そのほかにも約80の言語が使われている民族色豊かな国です。
フィリピンで有名なデザートが、ナタデココの上に、かき氷、フルーツ、豆、アイスなどがたっぷりのった「ハロハロ」。「ハロハロ」は「ごちゃ混ぜ」という意味。これは、さまざまな文化が同居するフィリピンをそのまま象徴している言葉でもあります。

世界遺産バナウェの棚田


農村と都市のくらし
国内の主要産業は農業。主要輸出品目のバナナ、マンゴー、パイナップルなどは、日本へも多く輸出されています。プランテーションで働き、これらの輸出向けの作物を栽培する農家もあれば、小さなたんぼで稲作を行い、米を自給して食べている農家もあります。村の連帯は強く、村全体がひとつの家族のように助け合って暮らしています。

イフガオ州の農村の集落

電気が通っていない村も多い Photo by Yuji Shinoda

脱穀作業。村では子どもたちも貴重な働き手
Photo by Yuji Shinoda


けれども、テレビや雑誌などのメディアの情報が農村に入るにつれ、物質的に豊かな暮らしにあこがれ、首都マニラなどの都市部に移る人が増えてきました。しかし、都市部では急増する人口に対して、十分な雇用がありません。そのため地方から出てきた人の多くが、何とか賃金の安い仕事にありつき、スラムに身を寄せて生活しているのが現状です。
現在のフィリピンでは、10%の富裕層が、国家所得の90%を握っているといわれています。一部の人が高級マンションに住んでメイドを雇い、裕福な生活を送る一方で、スラムでは1か月の世帯収入がわずか1000ペソ程度(日本円で約2000円)という貧困家庭も珍しくありません。ちなみにフィリピンではマクドナルドのハンバーガーは約50円、大衆的なレストランの1食分が約200円です。

<

ごみ山のふもとでごみ拾いをして暮らす人々。ケソン市 Photo by Yuji Shinoda

マニラ首都圏の路上で暮らす家族。もともとここにバラックを建てて生活していたが、政府によって、強制撤去された。Photo by Yuji Shinoda


世界に広がる労働力

こうした経済状況のなか、増え続けているのが、国外に働きに出るフィリピン人、オーバーシー・フィリピノ・ワーカーズ(OFW)です。フィリピン政府の積極的な支援もあり、OFWの数は増え続け、現在、その数は人口の1割弱にのぼります。
OFWのほとんどが、稼いだお金を祖国の家族に送金しています。2010年のフィリピン中央銀行の発表によれば、OFWから祖国に送られる一年間の送金額は188億ドル。これはフィリピンの国家予算に匹敵する金額です。現在、OFWの職種は、船員、ウエイトレス、介護福祉士から、看護師、エンジニア、IT関連業、映像技術者、まで多岐にわたっています。働き先は、日本やほかのアジア諸国、欧米、中東など世界規模。
OFWはフィリピンの経済の生命線。けれども、近年は、専門性の高いスキルを持つ人も、高収入を求めて海外に出るなど、人材の流出を招いている側面もあります。


子どもを取り巻く課題とNGOの役割

フィリピンは子だくさんの国です。都市部のスラムのなかにも必ず元気に遊ぶ子どもたちの姿があり、路上でも家族と一緒に路上で暮らしているストリートチルドレンをたくさん見かけます。過酷な環境のなかにいる子どもたちも、多くは家族や親族と強い絆で結ばれ、たくましく生きています。一方で、親の虐待・育児放棄などが原因で家庭から離れ、子どもだけで路上で暮らしているケースも少なくはありません。こうした子どもたちに家庭に代わる場所や教育の機会を提供するため、さまざまなNGOが国内で活動しています。

8畳一間ほどの家で5人の子どもを育てる。(ケソン市)
Photo by Yuji Shinoda

子どもたちだけで夜遅くまで路上にいる姿もマニラ首都圏では珍しくない


また、海外に働きに出ているフィリピン人女性が、その国の男性と交際し、子どもを授かることもよくあります。日本には、1980年代以降に多くのフィリピン人女性が来て、日本人男性と恋愛、結婚をするケースが増えました。国のちがいを超え、幸せな家庭を築いているカップルもいますが、一方では、子どもが生まれたあとに関係が終わった、または男性からの音信が途絶えた場合もあります。こうして父親不在となった子どもたちは、2~3万人にのぼるといわれます。日本人の父親と暮らせない子どもたちが、どうアイデンティティを確立していくか、経済的に自立していくかは大きな課題です。こうした子どもたちを支援しているNGOも存在します。

プロフィール

野口和恵

フリー編集者・ライター。児童書編集にたずさわるかたわら、国内外の子どもを取り巻く問題について取材。

著書に「日本とフィリピンを生きる子どもたちージャパニーズ・フィリピノ・チルドレン」(あけび書房)がある。


もっと詳しく見る

2018年11月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ